みんなで爪に集中!

ネイルを語る前に、少しだけ、「爪」についてお話ししたいと思います。爪への美意識は、遡ること、古代エジプトの時代にはもう既に存在していたようです。なんとミイラの指にも着色の後があった、ということです。当時はもちろんジェルネイルキットなんていうものは存在しませんでしたので、ヘナ等の植物性の染料を使い、ネイルアートを楽しんでいたようです。女性の美への追及は、いつの時代も関係ない、というとても顕著な例ですね。
エジプトでもさることながら、こちらアジア圏でもきちんと爪の歴史は始まっていました。中国でもあの楊貴妃が爪に染料をつけていたり、日本でも平安時代には、植物から採れる天然の染料を使い指先のおしゃれを楽しんでいたようです。すごいですよね。女性の美への思いは、時代も、そして地域も全くと言ってよい程、関係ないということが一目瞭然、はっきりとわかりますよね。
余談ですが、排泄や喉、鼻水が健康のバロメーターになりますが、爪だって、健康の度合いを見るうえで、とても重要となっています。爪を観れば、その人の健康状態、例えば水分不足かどうかや、果てマテ、内臓の健康状態も見ることが出来るのです。たかが爪、されど爪、です。